LINK

それぞれの仕事内容&将来性は?

【Web系】Webサイトに特化したプログラミング

【Web系】Webサイトに特化したプログラミング

LINEで送る
Pocket

Web系プログラマーの仕事内容

コラムやブログ、ニュースなどを読みたい、明日の天気をチェックしたい、おいしいラーメン屋さんを探したい、サロンの予約をしたいなど、インターネットを使う時は誰でも必ず目的があるはずです。すっかりインターネットが普及した今は、欲しい情報はすぐに手に入り、買い物や予約はいつでもどこでも自由にできます。それらを可能にするシステムはWeb系のエンジニアによって開発されています。
Web系のシステム開発に携わるプログラマーの仕事は、様々あるシステム開発の中でもWebサイトに特化したプログラムを作ることです。業務系もWeb系もプログラミング言語という道具は同じですが、Web系で開発するのはインターネット上だけで動くシステムです。システム開発を行うためには、家や車と同じく設計書が必要です。プログラマーはシステムエンジニアが作成した詳細な設計書にしたがってプログラムを組むことが業務の基本ですが、経験を重ねるにつれてシステムエンジニアの領域を担当するようになるケースもあります。システムエンジニアがシステムの設計とプロジェクトの進捗管理を行うためには、システム開発全体のフェーズに対する理解が不可欠で、プログラミングスキルがある人はなお重宝されます。

プログラマーに必要なスキル

プログラミング言語は種類がたくさんあるので、開発するシステムによってどんなスキルを持つべきかが異なります。Web系の場合、HTML・CSS・JavaScriptはセットで身につけておきたいスキルです。その他多くのWeb開発案件で求められているのが、プログラミング初心者でも比較的学びやすいPHPのスキルです。将来的にもっと幅広い分野で活躍してみたいという気持ちがあるならば、汎用性の高いJavaのスキルもあるとプログラマーとしての選択肢が広がるでしょう。気をつけたいこととしては、言語スキルの習得だけでなくプロジェクトの一員としてチームで協力していくための協調性やコミュニケーション力です。

柔軟性と向上心がプログラマーを成長させる

1度で完璧なプログラムを書けるプログラマーはいません。途中で思わぬ問題が発生し、いかに解決すればいいか頭をひねることになるでしょう。そんな時に大切なのは、当初考えていた自分のやり方にいつまでも固執することなく、別の角度で考えてまったく違った発想から問題にアプローチするなど、柔軟な発想や思考力を持つことです。また、どんな課題でも必ずクリアするという決意と向上心も大切です。そのような姿勢でプログラマーの仕事を続けていくなら、やがては優秀なベテランプログラマーとして成長することができるでしょう。

プログラマーになりたい方は必見!