LINK

フリーランスで活躍するには?

長く活躍するためには何が必要か

長く活躍するためには何が必要か

LINEで送る
Pocket

フリーランスプログラマーであり続けるには

プログラマーとしての技術や実務経験がある人なら、業務系でもWeb系でも自分次第でフリーランスになることはできるでしょう。難しいのは独立することではなくフリーランスとして活躍し続けることです。数あるプログラミングスキルの中に得意分野があるならば、仕事をする上で大きな強みになります。IT技術はどんどん進化していくので、古い技術を繰り返し使って磨くというよりは、新しい技術を加えながらプログラマーとしてのレベルを高めていくイメージを持つようにしましょう。

コミュニケーション力を高める

フリーランスとして長く活躍するために必要なのは技術力だけではありません。フリーランスは営業やプロジェクトなどで知らない人と接する機会が多くなるため、コミュニケーション力が円滑に仕事を進めるための重要なポイントになります。プログラミングひとすじでやってきた人の中には、クライアントとの直接的なやり取りに苦手意識を持っている人がいるかもしれませんが、長く続けていくためには少しずつでも克服すべき弱点といえるでしょう。
コミュニケーション力に通じる点として強化しておきたいのが交渉力です。スキルがどれほど高くても、交渉で負けてしまうなら稼げるフリーランスになることはできません。交渉上手になるためには、何をどう話すかというテクニック面を意識する前にまずプログラマーとしての自分の強みを把握し、クライアントの要望を正確に理解することが大切です。

人脈は幅広く

仕事を増やすためには、フリーランスとして活動していることをできるだけ多くの人に知ってもらわなければなりません。企業が自社の商品やサービスを売るために宣伝活動をするのと同じように、フリーランスも自分を知ってもらうために行動する必要があります。フリーランスの場合、1社ずつ企業を訪問して新規クライアントを開拓するよりも、過去に取引があったクライアントから新しいクライアントを紹介してもらったり、同じプログラマー仲間から仕事を回してもらったりするほうが効率的です。エンジニアを対象としたイベントやセミナーに参加し、SNSやブログなどのツールを併用すると、短時間で多くの人脈を作ることができるかもしれません。
出会いを人脈につなげるために何より大切なのは人間力です。せっかくの出会いの場やSNSで横柄さが垣間見えてしまうと、人脈が増えるどころか人が遠ざかってしまうので、積極性は保ちつつも謙虚な姿勢で人と接することが大切です。仕事をしたい人とつながりたいと自分が考えるように、相手も一緒に仕事をしたいと思える人とつながりたいと考えていることを忘れないようにしましょう。

プログラマーになりたい方は必見!